ホームトピックス一覧>梅雨どきの二胡対策

梅雨どきの二胡対策

梅雨時期の二胡対策に、かかせない弱音器と二胡ケースカバー

弱音器(じゃくおんき)弱音器(じゃくおんき)と防水カバーの準備は整っておられますか?

湿度の高い梅雨の期間は二胡にとってつらい季節です。二胡の手入れも普段より、気をつかってください。

蛇皮の表面は、防水加工を施していますが、花窓から湿気が蛇皮の裏に伝わりやすくなります。ぱんと張った状態が正常ですが、湿度の影響で皮が伸び、ひずみが出てしまいます。もちろん音も変わります。酷い場合は皮が内側に沈み、音の艶が全くなくなります。
それを防ぐには、二胡を弾き終えたら、すぐに名師堂オリジナル弱音器をつけてケースにしまいましょう。

弱音器をつけることにより、駒が蛇皮を押える圧を分散させ、皮への負担を軽くします。まだ弱音器をお持ちではない方は、是非名師堂でお求めください。

防水カバーさらに、ケースの防水カバーも常備しましょう。梅雨の季節、二胡を持って外出する時、必ず防水カバーを忘れないでください。

雨から大切な二胡を守りましょう。まだお持ちではない方は、是非、名師堂オリジナル防水カバーお求めください。二胡ケースにあわせてお選びください。

楽器を大切に扱うと、楽器も必ず美しい音色であなたに返してくれます。 私はそう信じています。                             曽朴

▲トップへ戻る