ホーム商品一覧周辺部品一覧名師堂二胡駒

名師堂二胡駒

選ぶ価値のある油煎駒

商品説明購入する


名師堂二胡駒
※クリックすると拡大できます

駒の材質はバイオリンやチェロの駒と同様に「楓」が一番が良いのですが、二胡の場合はそのままではなく一度油で揚げているのです。揚げると楓は発泡し材質に細かい空間が出来、変化します。そうなったものが、二胡に最も適した駒の素材となります。
この駒は、中国二胡王と呼ばれているの王瑞泉先生の発明研究によるもので中国全土で使用されています。中国語で「色木油煎駒」と言います。 見た目が、ほとんど同じなので、選択が大変難しいのです。というのも、油の温度、揚げる時間によって音が異なるからです。ベストの方法としては、自分の二胡をお店に持って行き、実際に駒をセットして弾き、耳で音の違いを確かめるのが一番良いと思います。地域的な事情で、駒を選びに行くことが出来ない方、初心者の方は、名師堂にお任せください。

商品コード NBKM10
商品名 名師堂二胡駒
よみがな めいしどう にここま
価格 600円(税込み)/1個

駒の役割(役に立つ二胡知識)→


曽朴のコメント

日本で販売されている駒の素材は、よく紫檀・黒檀などと示されていますが、実は、このような硬く密度の高い材質の駒が相応しい二胡というのは、ごく限られたものといえるでしょう。
弾力性を失った皮の二胡や皮の張りが甘い二胡、古くなって締まりのない音のする二胡は、紫檀や黒檀の駒で、緩んだ音をまとめようとすることがありますが、大抵、皆さんがお持ちの二胡、特に購入したばかりの二胡には、紫檀や黒檀の駒の使用は、かえって豊潤な音(倍音)が出ないので不向きといえるでしょう。
二胡の新旧を問わず、豊かな音色と響きを誘う、この油煎駒は絶対お勧めです。
なお、駒は小さな部品です。年輪の柾目の方向に欠けやすいですから、慎重にお取り扱いください。

曽朴

商品説明購入する

▲トップへ戻る