ホーム商品一覧二胡一覧名師堂老紅木低音二胡

名師堂 老紅木 低音二胡 商品説明

使用者感想試聴する購入する

名師堂老紅木低音二胡 全体写真 商品コード  AB-Teion
商品名 名師堂老紅木低音二胡
よみがな めいしどう ろうこうぼくていおんにこ
材質 本体と糸巻き:老紅木
皮:野生ニシキヘビ皮
価格 306,000円(税込み)蘇州製
名師堂老紅木低音二胡 の胴左側面
名師堂老紅木低音二胡のヘビ皮 名師堂老紅木低音二胡 の首と棹 名師堂老紅木低音二胡 の胴右側面
名師堂老紅木低音二胡 の花窓(音窓) 名師堂老紅木低音二胡 の底面

※クリックすると拡大します

曽朴のひとこと

 名師堂老紅木低音二胡は、西域からシルクロードを旅した胡人たちにより、中国中原地方に伝えられた馬尾胡琴が、時空を超えて現代に蘇った感動の音色です。ひとたび奏でれば、眼前に広がる無辺の大地と天空を流れる雲、そして身を揺さぶるような響きに、時を忘れて心も体も癒されることでしょう。

 低音二胡の代用として、通常の二胡に二泉弦を張っている方をお見受けしますが、二胡本体と弦がアンバランスなため、望むような低音二胡の響きを得ることは出来ません。また、通常の二胡のチューニングを5度下げて、低音にするという方法も聞きますが、これでは、弦が緩みすぎて、正しく音程を取ることができません。そもそも弦が正確に振動してくれないので、音にはなりません。

 また、黒檀製の低音二胡を見かけます。音に対する感性は人それぞれですが、名師堂は、黒檀材から発する音色は、低音二胡のそれとは程遠いものがあると考えています。なぜならば、黒檀材は密度の高い、非常に硬くて重い素材であるために、振幅の大きな二泉弦の内弦の振動と同調してくれないからです。
低音二胡と通常の二胡は、外見は同じように見えても、元来、設計思想が違いますから、寸法が異なれば、音の発生源である琴皮の処理にも違いがあるのです。

 名師堂老紅木低音二胡は、文字通り音が低いので、練習時に耳ざわりな音が周囲に悪影響を与えません。また、通常の二胡の前に、先ず、この二胡から練習を始められる方もおられますが、弓使いも一段と上達することでしょう。

 二胡ライフを更に充実させたいとお考えの方は、是非、名師堂老紅木低音二胡を、おすすめします。セカンド二胡としてお持ちになれば、様々な雰囲気の曲を楽しむことができますし、全く異なる音色で、さらに気分転換ができるでしょう。また、二胡の感情表現が更に豊かになることでしょう。

  名師堂の名を冠した二胡は、全て、二胡歴30数年の私が、プロ二胡奏者のコンサート使用にも応えられるように、一本一本、丹念に調整をいたしております。購入後のメンテナンスも、二胡の知識が豊富な名師堂に、どうぞお任せ下さい。

※2010年以降製造されている新しいモデルの名師堂二胡には、「ニシキヘビ皮楽器収蔵証」の代わりに「名師堂」のロゴが胴に付けられています。名師堂で取り扱う全ての二胡は、CITESの手続きを経て日本国政府の通関をクリアしている正規品です。

曽朴

▲トップへ戻る

下記の付属品はすべて価格に含まれております


使用者感想試聴する購入する

▲トップへ戻る