ホーム役に立つ二胡知識糸巻きの役割

役に立つ二胡知識 糸巻きの役割

音質に影響する糸巻き

金属糸巻きと木製糸巻きについて

役割

弦を張るためと音のチューニングをするための部品です。

材質

材質は、金属製と木製があります。
名師堂の二胡の糸巻きは、すべて木製です。二胡本体の材質と同じものを使います。紫檀の二胡には紫檀の糸巻きというように、同じ材質のもの、しかも名師堂の逸品二胡は、1本の二胡は、1本の木から採るように、お願いしています。木材の密度が違うと、音の振動が、均一ならないことを避けるためです。

金属糸巻き

金属製の糸巻きは、ねじ式になっているので、チューニングしやすい反面、ねじが緩みやすく、特に演奏中に弦を強く押さえると、弦が下がり、音が外れることが多くあります。また、数年使用すると、ねじが甘くなり、メンテナンスが難しくなります。音を出したときに、振動が金属部分まで伝わり、音に悪影響を及ぼします。


木製糸巻き

木製 木製は棹にしっかりと差し込まれ出いるため、微妙なチューニングが難しいのですが、微調整アジャスターを付けたら簡単にチューニングできます。一度音の調整が出来るとその状態を保つことが出来ます。

▲トップへ戻る

微調整アジャスター

微調整するには、アジャスターを弦に取り付けると容易です。名師堂二胡専用アジャスターは、コンパクトで、ねじも回しやすくおすすめです。是非お試しください。
→名師堂二胡専用アジャスターの製品ページへ

棹の頭部は

二胡の棹の優美なカーブを描く頭部は実は分けて作られています。一本のまっすぐな棹に、別のパーツを取り付けているのです。白い部分は、象牙かと思われている方が多いのですが、牛の後脚のももの骨を使用しています。二胡職人は、削るところから、最後の仕上げの磨くところまで、全て手作業で作り上げています。安価な二胡や大量生産二胡はほとんどのものがプラスティック製です。
頭部は、様々な形に、飾り彫りが施された龍頭もあります。糸巻きにも飾り彫りがされたものがあります。

牛骨のパーツ

棹の先端

二胡製作中の職人

棹

二胡製作中の職人

二胡製作中の職人

▲トップへ戻る